Scandinavian living

Designer

Hanne Vedel Design

1933 –

デンマークを代表する伝統的な織師のハナ・ヴェーデル。織を学んだ後1951年に独立、フィンランドで2年間修行し、デンマークの新人デザイナー向けの展示場デンパーマネント(Den Permanente)で作品を発表する。
1965年には生まれ故郷のデンマーク・オーベンローで初めて教会の仕事に携わり、祭壇までの通路、神父の祭服や椅子の座面など、あらゆるファブリックをデザインする、現在では100以上の教会でハナのファブリックが採用されている。
ハナが使用する色はすべて、キリスト教にゆかりのある色ばかり。そのため深みと品があり、それらが織りなすファブリックには暖かみある奥行きがある。
1970年にはポーラ・トロックから伝統的な織り工房スピネゴーンを引き継ぎ、それを機にデンマークを代表する建築家やデザイナーとさまざまな仕事をする。

Hanne Vedel Designの全ての商品

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

フィルター
タイプ
在庫
受注生産