Scandinavian living

About J39

About J39

Fredericia

History of J39 Mogensen Chair  

1947年に誕生した​北欧デザインのアイコン​ 

 

 デンマークのモダンデザインの原点とも言われるボーエ・モーエンセンの代表作「J39モーエンセンチェア」。この椅子が誕生したのは1947年です。
1942年、市民の暮らし向上を目指すデンマーク生活協同組合に家具部門(FDBモブラー)が設立され、モーエンセンはその初代チーフデザイナーにそこから歳月をかけてこの椅子をデザインしました。
当時はまだ装飾的な家具が主流だったころ。モーエンセンは、使う場所を選ばず、どんな人でも使いやすく、さらに製造工程にも無駄がでないようにと、機能性を極めた構造を考案します。戦後間もない時代背景もあり、丈夫で軽くて、美しく、かつ買いやすい、機能的なデザインは、都市部の限られた居住スペースで暮らす人々を中心に人気を集め、その耐久性からカフェやレストラン、公共施設などにも数多く導入されるようになりました。
天然素材で作られた「J39モーエンセンチェア」」は使い込むごとに美しさが増していくのも魅力のひとつ。75年以上の時を経ても今も、デンマークでは、祖父母の家や、通っていた学校、カフェなどで目にすることができる、まさに「人々の椅子」として親しまれています。 

Design of J39 Mogensen Chair 

素材から製造工程、佇まいまで​緻密に計算された普遍的なデザイン​ 

 

天然素材の豊かな質感。そしてどの時代にもどんな空間にもマッチするデザインが魅力の「J39モーエンセンチェア」。素材使いから構造まで、デザイナー、ボーエ・モーエンセンの純粋なるデザインへの探究心が反映されています。
デザインのインスピレーションとなったのは、18世紀にシェーカー教徒が作っていた素朴な椅子、シェーカーチェアと、モーエンセンの師であるコーア・クリントが1936年に手がけたチャーチチェアだと言われています。
コーア・クリントの一番弟子として学び多大な影響を受けたモーエンセンは、よりシンプルな構造で、座り心地を重視し、人々の暮らしに寄り添う家具として表現は控えめながら細部に至るまで緻密に設計された「J39モーエンセンチェア」豊かな素材感と美しい佇まいを携えながら、暮らしの中で機能する椅子として完成しました。
家具はインテリアや建築の中にそっと溶け込むものであるべき」というモーエンセンの信念を象徴するデザインとして今も、世界中の人々の暮らしの中で愛され続けています。 

Fredericia
Fredericia

About Fredericia

1911年に、Fredericia Stolefabrik (フレデリシア椅子工場)から始まった歴史ある家具メーカー。創業当時から優れた技術力で知られ、トップソファメーカーとして定評がありました。1940年代には、デザイナーとの協業もスタートし、1955年にはボーエ・モーエンセンをデザイナーに迎えることで、デンマークソファの原型ともいえる「2213ソファ」や「スパニッシュチェア」など、北欧モダンデザインの礎となる家具を作っていきます。
フレデリシアのモノグラムロゴもモーエンセンがデザインしたもので、伝統と現代文化の橋渡しがモチーフになっています。
他にも、ハンス J. ウェグナー、ナナ・ディッツェルなど、北欧デザイン史に名を刻むデザイナーとのコラボレーションをはじめ、現在も世界を舞台に活躍する気鋭デザイナーともさまざまなデザインを手がけ、デンマークデザインを牽引するブランドとして成長し続けています。 

Maintenance

J39を次の世代へと受け継ぐために​ 


「J39モーエンセンチェア
」を愛用する人の中には、両親や祖父母から受け継いだり、ヴィンテージで手に入れたという方も多くいます。丈夫で長く人々に愛される椅子として作られた「J39モーエンセンチェア」」は、適切なメンテナンスを行うことで、長く使い続けることができるのです。

日々のお手入れは乾いた布で拭くだけ。オイル仕上げの場合は、定期的に薄くオイルを塗ることで味わいが増していきます。
ペーパーコードは基本的にはお手入れは不要ですが、掃除機などで優しくホコリを取り除き、水が染みてしまった場合や柔らかい布などですぐに水分を取り除くことをおすすめします。
素材が持つ美しさが楽しめるのもこの椅子の魅力のひとつ。日常のお手入れを行うことで、味わいも増し特別な1脚になっていきます。 

Fredericia
Fredericia

Long Lasting

すぐれた耐久性で長く使える​ ​​持続可能な家具作り​ 

 

「J39」モーエンセンチェア」がフレデリシアで製造されるようになったのは1950年。以来、時代の変化と合わせて製品の仕様について常に精査を重ねてきました。長く使える家具として生産され続けている「J39モーエンセンチェア」ですが、現在はよりサステナブルな素材そして製造方法が採用されています。
使われている木材はすべてトレーサビリティを導入。オーク材やビーチ材はFSC®認証を得た素材だけを使用しています。またビーチ素材は、環境負荷が低い製品にのみ表示されるノルディック・スワン・エコラベルを取得しています。
耐久性についてもアメリカのBIFMA規格をクリアし、すぐれた強度も特徴です。
フレデリシアでは、7年の保証期間を設けておりますが、愛情を持って適切にメンテナンスいただくことで、世代を超えて長く使い続けていただける製品です。 

New Colour

 ​ボーエ・モーエンセンが愛した​ ​​控えめながら豊かな色に着替えて

使う場所や使う人を選ばない、時代を超越するデザインと評される「 J39モーエンセンチェア」は、デザイナー、ボーエ・モーエンセンの類稀なる才能をもっとも表現した作品。
このアイコニックな椅子が、モーエンセンが暮らしたカントリーハウスからインスピレーションを受け、美しいカラーパレットで登場しました。
どんなインテリアにも合わせやすい繊細で控えめな色合いが、「 J39モーエンセンチェア」の新たな物語を紡いでいきます。

 

さらに読む 

 

 

Fredericia

オンラインストア